2011年 10月 18日

喧嘩・喧嘩・喧嘩

今年のお祭りもあっと言う間に終わりました。毎度の事ですが002.gif

今年は珍しく上部船木地区同士の喧嘩から始まり、比較的荒れたお祭りでしたね。

新居浜の祭りと言っても太鼓が好きでも太鼓の喧嘩には興味が無い言う人もいると思いますが、私的には新居浜の太鼓台は喧嘩してナンボという少し?ずれた考えの持ち主です。

今年は事前に喧嘩情報など友人からの連絡などである程度キャッチしていたので幸いにも鉢合わせにでくわせる事ができました。

喧嘩では無いですが新高橋での垣生地区お決まりの端管合わせです。
山端と本郷です。綺麗に端管合わせていますねぇ~


特に町と本郷の端管合わせは勢いが違いますなぁ・・・昔の因縁の名残りかなぁ(笑)


17日昼から昨年は中止だった多喜浜駅前でのかき比べが復活したようなので少し見てきました。
やはり地元松神子太鼓台の担きっぷりは凄い!


この太鼓台は喧嘩も強いですが担きっぷりも一味違います。

そうこうしているうちに友人より連絡あり今からどうやら事前の噂通り「宇高と浮島がやるらしい(喧嘩)」との連絡が・・・

場所は弁財天公園辺りかと・・・
速攻で急行するとすでに浮島は裸太鼓で戦闘体制に!
d0127406_205218.jpg


どうやら浮島が仕掛けた喧嘩のようでそれを受けて立つ宇高も一歩も引かない太鼓です。
まぁー何年も前からいろいろ遺恨などがあってゴタゴタしてたみたいですが・・・

宇高もここ数年喧嘩が続いていて喧嘩慣れしているのか喧嘩の段取りも早い。

あっと言う間に裸太鼓ですわぁ~
d0127406_20562348.jpg


最初喧嘩場所は弁財天公園かと思ってましたが、いろいろないきさつもあり八幡神社前の県道でやる事に・・・


手ぶれが酷くてすいません・・・なにしろ揉みくちゃにされながら撮ったので・・・必死でした・・・

結局この喧嘩は怪我人が出たと言う事もあり決着のつかぬまま終了となりました。

実は両太鼓台とも鎧が着いてなかったので最後は太鼓割ではっきりと勝敗が出る鉢合わせだっただけに残念です・・・

日が変わり最終日です。
午前中の大江浜で大江と中須賀とのいざりで中須賀のかき棒が大江に折られたとの情報がD丸船長より連絡があり急遽現場直行に!

実は昨年も中須賀は大江にかき棒に損傷を与えておりそれも地元の中須賀海岸で・・・
それに付け加え今日の事ですから必ず二輪での鉢合わせは避けられない状態に。

その中須賀の出方をわかっていて喧嘩慣れしている「さどい」大江は中須賀が大江浜から退場するいなや隠し持っていた予備の二輪を履かせ鉢合わせの段取りを。

しかしその段取りが早い事!やはり新居浜「きって」の喧嘩太鼓!やはり歴戦の兵ですわぁー

そうこうしているうちに案の定折れたかき棒を新しく組みなおして中須賀登場です。

いきなり突込むなり大江が中須賀のかき棒にすばやくロープを掛けます。
d0127406_0532416.jpg


中須賀も奮戦しますが突込む度に上手く大江にロープを掛けられ結局前四本全部折られる事に・・・

相変わらず画像が悪くてすいません・・・もっと撮りやすい所をキープできれば良かったのですが・・・そうもなかなかいかず・・・揉みくちゃ状態でした。

私の地元は中須賀ではありませんがこの無残な光景は流石に酷でした。地元の方は辛いと思います・・・
d0127406_21541064.jpg


中須賀も喧嘩の強い太鼓だと思いますが、大江の段取り、舵取り、統率力、団結力は見事でした。

たぶん両者とも来年は運行停止だと思いますが、再来年はこの両者どのような祭りをするのでしようか・・・

少しかけ離れた話ですが喧嘩もかき比べも祭りです。

しかし本来のお祭りは地元の氏神さまに今年も無事お祭りを迎えられた事を神様に感謝するのが本当の祭りだと思います。それはもちろん五穀豊穣、大漁祈願、家内安全はもちろんの事です。

でも神事とかけ離れたイベントは祭りではありません。祭りは神事です。

私は別にイベントが嫌いなわけでは無く否定もしませんが、祭りの日にイベントをするのは反対です。祭りは祭りイベントはイベントで区別してやって欲しいです。

ましてやお金でお客を呼んでそれも神社境内で又、情けない事にそのイベントに神聖なるお神輿さんを参加させるなどもっての他だと思います047.gif

イベント側はともかくとして、いったい神社側総代連中は何を考えているのか?!

まぁ~ココで私が何を言っても瀬が無い事ですが、とにかくさっきも言いましたように無事一年間健康?で神様に祭りを迎えさせて貰う事ができて地元の氏神一宮さんに感謝です!!
[PR]

by kabune | 2011-10-18 21:57 | 日々の出来事


<< 迷い犬      遺恨の果て >>